【12星座占い】2020年8月の運勢!ふたご座は特定の人と深い関係になる?

星座占い 2020/07/25
星座占い8月
Credit: depositphotos

おひつじ座(3/21〜4/19)

パイオニア精神を持つおひつじ座。2020年の8月は「リードするかついて行くか、もしくは道を譲る」というのが課題になりそう。しかし、課題にぶつかるたびに次に進んでいける月でもあります。

細かいことには注意を払わないおひつじ座ですが、自らの行動が他人にどう影響を与えているか考える時間を取ることで、新たな楽しみを見出すことができるでしょう。

おうし座(4/20〜5/20)

この8月、ついにおうし座は自分が心から愛しているものや価値を感じるもの、喜びを与えてくれるものがハッキリしてくるでしょう。ここまでくるのに、忍耐力と粘り強さ、意思決定力が必要だったと思います。

話すことと書くことにおいて新しい才能が開花する可能性もあります。

また8月7日あたりに、おうし座は家族や親しい友人と一緒に過ごす時間をつくりたくなるはず。今まで人間関係で生じた凸凹を平らにならす期間になるでしょう。

ふたご座(5/21〜6/21)

通常、ふたご座は物事を必要以上に重く受け止めない傾向にあります。パートナーの気持ちを掘り下げたり、気持ちの強さを測ることは、ふたご座の好む行動ではありません。

しかしどうやら、ふたご座のあなたは、ここ数ヶ月で特定の誰かと深い関係になってきているようです。もし物事のコントロールができなくなっていたり、「無力」という言葉が頭に浮かんだら、自分よりも大きな力を信頼し、委ねることも大切だと認識するようにしてください。

それができれば、8月の終わりには、より満足感のある、意味深い関係が築けることでしょう。

かに座(6/22〜7/22)

12星座の中でもっとも感受性が豊かなかに座。自制力と自分の考えに対する責任感を感じる性格です。

8月は強い感情に圧倒されることなく、自分の繊細な一面を愛することができるでしょう。8月13日あたりで、エキサイティングな人たちとの出会いがありそう。

クリエイティブな自己表現の新しい道を開くように、新しい在り方にも心を開きましょう。

しし座(7/23〜8/22)

しし座にとって、愛や寛大な心を持つこと、他人に対して心を開くことは、当たり前にできることです。特に楽しい時間を過ごしているときは、心を開放していることを本能的に知っているはずです。

何か新しいことを創造しようとするとき、次の2つの質問を自分自身に問いかけてみてください。1つ目は「それは楽しいことですか?」、そして2つ目は「より自分自身を表現できるものですか?」です。

これらの質問に「はい」と答えられるものであれば、新しい挑戦がどんなものでも、迷わず取り組んでみてください。

おとめ座(8/23〜9/22)

力を入れて取り組んだにも関わらず、物事が完璧に進まないと不十分に感じるおとめ座。8月は、これまで1年間にまいてきた種を収穫するときです。特に8月10日以降は、関わってきたことすべてが輝き始めるでしょう。

願望とともに自分勝手になっても大丈夫です。ワクワクする新しい道を進むことにエネルギーを注いでください。

てんびん座(9/23〜10/23

この8月、てんびん座は人間関係において何が大切なのかが明確になるでしょう。1対1の関係にどれだけ愛を注げば良いかがはっきりとわかるはずです。

周りの人を幸せにしたり、向上させたりするエネルギーを注いでいますか? そして逆にその人たちはあなたにポジティブな影響を与えていますか? 自分に問いかけてみてください。

最終的に、人間関係の価値に対する深い理解が、てんびん座に大きな喜びをもたらしてくれるでしょう。

さそり座(10/24〜11/22)

8月のさそり座は、これまで潜んでいた洞窟から外に出てくるときです。さそり座は今月、生まれ変わるような感覚を覚えるでしょう。

そして日が経つにつれて、自分の真の力をどの人間関係に注げばいいかがはっきりわかるはずです。また、特別な才能や能力を棚卸しするのに約半年かけた結果、今後進む道により大きな責任感を持って取り組めるはずです。

このタイミングで給与アップや昇給を申請するのも◎。

いて座(11/23〜12/21)

いて座の8月は、仕事に関する特定のスキルや新しい技術に磨きをかける時です。冥王星が動く8月30日、自分の力を示すことに心地よさを覚えるでしょう。

人間関係でちょっとしたトラブルが起こる可能性がありますが、心配はいりません。いて座の楽観的かつ哲学的な考え方が、あらゆる出会いに意味や目的をもたらしてくれるでしょう。

やぎ座(12/22〜1/19)

人間関係において、あなたの気持ちや感情を相手に示すことが求められているようです。ただ、それを「すべきこと」「やらなくてはいけないこと」と捉えないでください。

人を育てるように自分自身も大切に育て、内なるソフトな面を表に出せるようにできると良いでしょう。

みずがめ座(1/20〜2/18)

みずがめ座は8月に、たくさんの仲間から引っ張りだこになるはず。周囲は、あなたの注意を引きたいと考えているようです。

ここで重要になるのが、「あなたが人間関係において何を成したいか」ということです。今ははっきりとわからないと思いますが、じっくり考えてみてください。

長く探し求めてきた信頼性や個性を見つけるためは、一歩引いたところから世界を見て、自分が何者かを真剣に考えることが必要。それがわかってはじめて他人から何を得たいかを理解することができるのです。

うお座(2/19〜3/20)

コミュニケーションや人間関係に関するコミュニティがあれば、ぜひ参加してみてください。うお座をより惹きつけるものや、なぜそれに魅力を感じるのかという理由がわかるはずです。

もしロマンティックな恋愛関係を望んでいる場合、そろそろ願いが叶うでしょう。あなたにはその価値が十分にあります。

この1年間で人間関係にまいてきた種を収穫するときがきました。自分が望む関係性を信じて行動してください。

【12星座占い】頭が良い星座3選!おとめ座は何でもすぐマスターする?

reference: yearly Horoscope/ written by Cocology編集部

SHARE