【12星座占い】好きな人を振り向かせるための星座別アドバイス!乙女座に必要なのは「盲目的な愛」!?

星座占い 2020/01/11
Credit: depositphotos

「片思いのあの人を振り向かせたい」「最近恋人の心が離れてきた気がする」など…

表面上では仲良くしていても、相手の本心は常に気になるもの。相手の心を掴むには、星座別に対応を変えてみると成功率が上がるかもしれません。

今回は「星座別 パートナーの心をつかむための行動」をお送りします。

おひつじ座(3/21〜4/19)

おひつじ座の相手を一途な恋愛に導くには、自分が性的なパートナーとして相応しいことを相手に知らせる必要があります。おひつじ座は、夜の生活に満足できないと浮気に走る可能性大。おひつじ座をパートナーに持つ人は、相手のニーズを満たす用意があることを相手に示し続ける必要があります。

おひつじ座はセックスに関して大真面目です。あなたが十分な責任を果たしていないことが分かった途端、相手はよそ見を始めてしまうでしょう。

おうし座(4/20〜5/20)

おひつじ座の人は、忠誠心がとても強く、愛情深い性質を備えています。彼らを一途な恋愛へ導く一番のコツは、自分にべた惚れさせること。それこそが、おひつじ座の忠誠を保証する唯一の方法です。

おひつじ座の人は、愛する相手に対していつも誠実でありたいと考えています。ですが、もし心の底からあなたにゾッコンでなければ、浮気に走ることも…。とてもシンプルです。

ふたご座(5/21〜6/21)

ふたご座の相手を一途な恋愛に導くには、あなたが精神的な支えを必要としていることを示すのが効果的です。彼らは、あなたが実際に救いを必要としているかどうかに関わらず、あなたを救うことだけに関心があるからです。

ふたご座の人は、自分が相手よりも優れていると感じる必要があります。もし本当に彼らがあなたのためだけに時間を割いてくれる素振りを見せたなら、できるだけ哀れな自分を演じて、相手に優越感を持たせると良いでしょう。ふたご座は、自分より弱く見える相手に対してのみ献身的になります。

かに座(6/22〜7/22)

かに座の注意を引くためには、何らかの見返りを提供する必要があります。彼らには一途な恋愛に身を捧げる用意がありますが、具体的な見返りを伴わない献身はするつもりがありません。家、車、イベント、パーティーといった物質的なものが欲しいのです。

その代わり、あなたは相手からの優しさ、セックス、愛情を手に入れることができます。払った対価の分だけ、相手の忠誠心を引き出すことができるでしょう。

しし座(7/23〜8/22)

しし座の相手の心を捉えて離さないための秘訣は、あなた自身が機転が利いて面白みがあり、魅力的かつ知的で、できることなら豊かであることです。しし座の人は、あなたから受ける称賛の嵐だけでなく、お金と安心感を心から愛しています。

しし座は一人の相手との真剣な関係を築くことがあまり得意ではないため、それを過度に期待してはいけません。少なくとも一緒にいる時間は、楽しく過ごせるはずです。

おとめ座(8/23〜9/22)

おとめ座の人は、「万一あなたが裏切り行為を働きを働いたら、お腹をぺこぺこに空かせたライオンがうろつく檻の中に身を投じる」と約束した契約書への署名をあなたに強いかねません。

盲目的とも言える献身が相手から得られなければ、おとめ座の人は我慢ならないのです。おとめ座の人をパートナーに持つ人に与えられた選択肢は、愛の囚人になることを誓うか、さもなくば相手の目の前から去るかのどちらかです。

てんびん座(9/23〜10/23)

てんびん座はそもそも、一途な恋愛向きではありません。口ではあなたに忠誠を誓っても、つい嘘をついて信頼を裏切ってしまいがちなのです。

てんびん座は、自分の望みに反することはするつもりがありません。そして多くの場合、一人の相手との真剣な関係を望んでいません。てんびん座の相手と付き合う場合は、そのことを覚悟しておいた方が良いでしょう。

さそり座(10/24〜11/22)

興味深いことに、セックスと激情の象徴であるさそり座は、古き良き一途な恋愛の安らぎと癒やしを心から求める愛情深い性質を持っています。

私たちはさそり座のことをついプレイボーイやプレイガールだと思い込む傾向がありますが、実際は忠誠心が強く、生涯にわたって長く強固な関係を築くことに長けています。

いて座(11/23〜12/21)

いて座をパートナーに持つ人は、浮気の心配をする必要はありません。それよりもあなたが気に掛けなければならないのは、相手が何よりもまず一人の時間を必要としているということです。

いて座の人は、すべての時間をあなたのために費やしたいとは思っていません。それは、彼らが一人の相手に絞ることを恐れているからではなく、一人で過ごす自分だけの時間がなければ息が詰まってしまうからです。

やぎ座(12/22〜1/19)

やぎ座の人は、仕事には誠心誠意身を捧げる覚悟がある一方で、恋愛のことになると、特定の相手と長期的な関係を築き上げることにさほど関心を持っていないようです。実際、彼らはむしろオープンな関係を望みます。

そんなやぎ座の忠誠心を引き出そうと思うなら、相手が自分に与える以上のものを、自分が相手に与える覚悟を保つ必要があります。そのためにはまず、やぎ座のこうした性質をあらかじめ受け入れることから始めが方が良いでしょう。

みずがめ座(1/20〜2/18)

みずがめ座の人は、「相手の檻に永遠に閉じ込められてしまうのではないか」という不安を抱かない限り、一途であり続けます。

別に彼らは複数の相手と付き合いたいと思っているわけではありません。ただ、ある種の義務によって拘束されるという考え方そのものを好まないだけなのです。自分が監視・管理されていると感じない限りは、誠実な恋人でいてくれるでしょう。

うお座(2/19〜3/20)

うお座の相手を一途な恋愛に導く方法はとってもシンプル。色っぽい目つきでじっと見つめるだけで、相手はたちまちあなたの虜になります。一途な恋に身を捧げるためにこそ生きているといっても過言ではないうお座の人にとって、献身とは安心を意味します。

うお座のパートナーにあなたとの関係にコミットすることを求めるのであれば、まずはあなた自身が相手を大切にする必要があります。決して相手を傷つけるようなことをしてはいけません。そうすれば、彼らはあらゆるものをあなたに与えてくれるでしょう。

【12星座占い】星座別・恋に落ちるきっかけ!おとめ座は「不完全さを受け入れた時」?

【12星座占い】1月の運勢! かに座は収入アップが見込めそう【2020年】

reference: yourtango / written by shinri編集部

SHARE